ふじえ彰3つの主張

藤江彰画像

ふじえ彰は前橋市議会議員として市民の皆様に主張します。

できないことばかりを言うのは簡単です。理想を述べるのも大切なことでしょう。しかしながら、市民の生の声を市政に反映させるためにも実行力と知恵と人脈のある中堅議員としての責任を感じております。

前橋市議会議員として3期、前橋市民の皆様に選んでいただいた経験は前橋市民の皆様に恩返しとして実感していただけるよう、全力を尽くしてまいります。

ふじえ彰3つの主張

ふじえ彰の3つの柱

① 調整区域の規制緩和

調整区域内に住宅を建てたくても、規制が強くなかなか家が建てられない。人口を増やしてく、前橋に住んでもらう観点(税収アップなど)からも規制を緩和して住宅を建てやすくすべきと考えます。当然、優良農地など守るべきものは守っていきながら。

 

② 誰もが働きやすい社会へ

有期雇用も5年を過ぎると本人が希望すれば無期雇用へと、より安心して働ける環境になりますが、実際は3年なり4年で雇用契約を打ち切られてしまうケースが多く、せっかく法律ができても実行されていないケースが散見されます。

市内でも雇い止めがみられたため、議会でも発言し、当局の姿勢を質しました。

 

③ コロナ感染者にお見舞金を

新型コロナに感染すると、入院治療や経過観察などで、順調に回復しても約1か月かかります。その間の補償は傷病手当金がありますが、現在の収入を100%補償するものではありません。生活の不安を少しでも解消するために、陽性者に対するお見舞金制度が必要であると考えます。

 

© 2021 前橋市議会議員 ふじえ彰公式HP Powered by AFFINGER5